スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目をよくしよう② 表紙・目次を作ろう

2005/11/21 22:36 | カテゴリ:未分類 | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁさぁ、目次を追加しましょう。

参考は、内緒w
だって、まだ自分が理解してないのに、すごいの作られたらいやじゃないですかー。。゚(゚´Д`゚)゚。
探してみましょう。すぐ見つかるかも

以下のタグについては、テンプレート機能一覧に説明されています。
また、コードの <、> は全て半角に直して入力してください。

今回やったのは、中央画面に入れてます。このブログで確認してね。(* ^ー゚)
サイドメニューへは、プラグインのコード編集でいいかと。w

いつもどおり、ブログ管理画面へログイン。
念のため、<テンプレートの編集>で、同じテンプレートを新しくダウンロードしておきましょう。
いろいろ試してると、元々修正してあったコードがわからなくなるので、ダウンロードしたテンプレにメインテンプレのコードをコピーして、編集用にしましょう。
<テンプレートの編集><修正>。テンプレのHTMLを編集します。
まず、<!--topentry-->タグを探します。

で、


全てのページに同様の表示をしたい場合は、<!--topentry-->タグの上に、自作のhtmlコードを入れましょう。


TOPページの場合は

 <!--index_area-->
 表紙(目次)ページ←ここには、自分で作ったHTMLコードが入ります。
 <!--/index_area-->
 <!--topentry-->

というふうに、赤字(緑になってる?)のコードを付け加えましょう。


固定リンク画面(blog-entry-x.html)の場合は、

index_area → permanent_area
 

カテゴリー画面(blog-category-x.html)の場合

index_area → category_area

と書き換えてください。

これで、htmlさえ書ければ、メイン画面に目次ができます。
バナーを貼りたい場合は、htmlコードを入れるところに、バナーコードを貼り付ければもうOK。
リンクを貼り場合は、<a href="ホームページアドレス">ホームページ名</a> と入力しましょう。
最新ページへのリンクを貼るには、<a href="自分のホームページアドレス/index.php?page=0">最新ページへ</a> と書けばいいようです。

ちなみに私は、カテゴリのプラグインのコードを貼り付けました。
コードは<プラグインの設定>のプラグインカテゴリから、HTML編集をクリックして出てくるものです。
(コードを理解している人がみたら、変なことしてると思われるかも。(゚Д゚;)、よくわかんないから、勘弁してー。゚(゚´Д`゚)゚。)


もうちょっと、いじってみる。
トップページを完全に表紙(記事なし)にしたい場合は、

 <!--not_index_area-->
 <!--topentry-->   
    ・         
    ・         
    ・         
 <!--/topentry-->   
 <!--/not_index_area-->

のように赤字(緑になってるかも)を加えてみましょう。(<!--topentry-->、<!--/topentry-->は元々あるコードです。)

入力後、[更新]をポチッ
プレビューを見てみましょう。
とりあえず、下の方から<BLOG TOP>へ。
どうですか?自分の思うとおり、ページが表示されてますか?

注意として、数が少ないと<次ページ>がでなくて、最新ページへリンクできないってさ。Σ ) ゚●゚;( 

ブログ管理画面から、<環境設定>→<ブログの設定>で「最初に表示するエントリーの数」を変えましょう。私は「1」にして、<!--not_index_area-->wo
省きました。

まだ整理してないけど、いやーーんいい感じ。
キタ━━━━ヽ(‘ω‘ * )ノ━━━━!!!!

あとは、HTMLとブログのブロック変数一覧を確認しながら、もっときれいにしよーっと。

なぜか、赤字が緑字に表示されます。みにくい・・・
自分だけですか?ヽ(`Д´)ノウワァァァン
←修正しました。
スポンサーサイト

<< 表紙・目次作成で、ちょっと追加です | ホーム | 次回へ行く前に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。