スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで売れるもの

2006/11/20 21:14 | カテゴリ:未分類 | コメント (0) | トラックバック (0)

最初に・・・駄文です(--;

ネット通販は、どのような使われ方をするのか考えると、売れるものって想像がつくんじゃないかと思います。
ネット通販が普通になってきているので、多少状況はかわっているだろうけども。

ネット通販の使い方
 1.ネット限定商品を購入
 2.ネット上の安い店舗の商品を買う
 3.ネット上の有名店や知らない店舗を見つけて買う
 4.秘密にしたいものを買う

といったところかな?


さて、秘密に購入したいもの、考えてみましょう。



エロ本・DVD、ダイエット商品、出会いノウハウ、コンプレックス解消ノウハウ、高額なもの(相手にばれないよう) などなど

一部をのぞき、ちょっとアングラなものですよね。(^^;


情報商材って、そういったアングラな部分をついた商品なんですよね。

情報商材は考え的には売れる商品に入るんです。


情報商材を扱うサイトといえば、
インフォカートinfostore
そして、最近開始したinfotop
他のASPでも扱ってますが、メインとなるのはこの3つでしょう。

多くの商材を扱ってますが、上記に該当するもの多いですよね。


じゃあ、実際に売れるか?売れてる人もいます。

メルマガなどで、定期的に売れる時期に広告がでてますよね。


実際に売るとなると、高額であり、商材の信頼性を感じさせるものが必要な場合が多いです(一部キャッチコピーで買う人はいる)


この信頼性は、簡単にはつくれません。
雑誌の怪しい広告を自分でどう感じるか考えてください。

サイトでいくら紹介しても、商材の内容はどうあれ、広告でしかないと思われ、売れないジレンマが生まれるだけではないでしょうか?


売れるのは、いきあたりばったりの人の一部。

結果、ビュー数が影響してきます。
なので無料レポートで人を集めて、購入しそうなユーザーを集めるわけです。


情報商材を扱うなら、高額な報酬に惑わされず、理解をもって行いましょう。


【駄足】
そういった意味では2Tierはおいしいですね。
どこで売れてもいいのですから。
どちらにしろ数は集めないとダメですけど、その中には売ってくれる人もいるでしょう。

infotopが開始して、おまけ付で2Tierを集めている人がいます。
infotopって一部のインフォブレナーが稼ぎをあげるために作成したサイトなんじゃないかと勘ぐってしまいます。
そして、そのインフォブレナーは稼ぎましたと、また商材を出すのではと・・・
スポンサーサイト

<< ブログルポ コンテンツライター募集 | ホーム | アフィリエイト2.0にクリック報酬型のClickMatch!が >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。