スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティを作る

2006/11/17 21:52 | カテゴリ:未分類 | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセスを集める方法は、SEO、ランキングなどいろいろあります。

アクセスを一時的に伸ばすのは、比較的簡単かもしれません。

前記事「ブログならではのアクセスアップ方法」とその中の無料レポートで納得できると思います。

サイトにもよるのですが、私は、複数回の訪問を促すサイトを目指したいと思っています。

私は今まで、このようなサイトは有益な情報提供にあると思っていました。
そして、Web上の多くの情報サイトを見て、心を打ちのめされてきました。


しかし、考えが変わってきています。

前記事思い出とマニア層に、その考えが現れています。

分かった方いらっしゃいますか?



有益な情報サイトというのは、確かにユーザーが求めるものです。

でも、違う形もあります。


「コミュニティサイト」


コミュニティサイトはユーザーが参加のしやすいサイトです。

一方的な情報だけでなく、他の参加を促して楽しく作成できます。

SNSなどは、そういった気持ちに特化したものではないかと感じることがあります。


懐かしいものは、ニッチな市場となっていることが多いと思います。
そして、情報を提供しているサイトも休止・閉鎖しているものがよくあります。

その中で、懐かしいものを取り上げるサイトというのは、ユーザーの関心を高めてくれることでしょう。

そして、昔あった自分の心を伝え、ユーザーがその気持ちを感じてくれれば、多くの人が参加してくれるのではないかと思います。


Webページ作成は1人で作業するため孤独に感じがちですが、常に仲間がいると感じることが大事だと思います。
スポンサーサイト

<< アフィリエイト2.0にクリック報酬型のClickMatch!が | ホーム | 思い出とマニア層 >>


コメント

 昨今のSNSの拡がり方は凄いと思います。「誰かとつながりたい」と言う気持ちが現れているように感じます。
 これから先、同じことに共感出来る仲間とより深いつながりを求めて、いろんなコミュニティサイトに今以上に細分化していくのかな?などと考えています。

応援ぽち。

zenkyuサン、いらっしゃ~い

SNSの広がりは本当にスゴイですね。
やはり、つながりを求めているのでしょうか?
人間は社会のなかで生きる人間ですから、共感を持つ仲間と言うのは貴重に感じるのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。