スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女の心理の違い

2006/11/06 22:15 | カテゴリ:未分類 | コメント (2) | トラックバック (0)

商品を購入する時、男性と女性では心理が違います。
男性は商品を機能など(モノ)で吟味し、女性はイメージ(5感)で購入を決断するそうです。

このことから、対象を男性、女性の場合に分け、キャッチコピーを考えることにより、興味を引かせることができるのでは?と思います。


【男性の場合】
商品の「優れた機能や仕様、耐久、強度、量、ステイタス」を述べるほうが効果的

【女性の場合】
「形容詞」をキーワードとし、「感触や雰囲気、イメージ、感覚」などを表現する方が効果的.


こう考えると、キャッチコピーの熱もそれぞれ違う気がします。
男性は比較的冷静に検討を行い、女性はイメージに合致した説明であれば衝動買いしやすいというイメージがわきます。


商品価格など、その他要因も影響しますが、意識して商品説明・キャッチコピーを作成することで、売上の増加も見込めるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

<< アフィリエイトで商品説明を入れるべきか? | ホーム | アフィリエイトはあおるな? その2 >>


コメント

こんばんわ^^

なるほど~
男性と女性って違うんですね
そういえば、そんな気がしてきました(笑)

ぽつっとな♪

かずぴ~さん、いらっしゃ~い

参照資料がわからなかったんですが、そう言われているようです。
男女の熱中するものを考えたらあってるような気がしますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。