スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイトはあおるな?

2006/11/03 22:25 | カテゴリ:未分類 | コメント (9) | トラックバック (0)

アフィリエイトはあおるなと言われます。
それってどういことなのか?考えてみました。 あおるなというのは、ビジネスの世界でもある手法のようです。

商品を見て購入するまでの一般的な心理の変化は、
[注目]→[興味]→[学習]→[欲望]→[比較検討]→[信頼]→[実行]→[評価]
というプロセスがあると言われているそうです。

【注目】
サイトへの誘導性。

【興味】
サイト内容を説明して興味を抱かせる。

【学習】
具体的な商品の説明

【欲望】
「買いたい」という気持ちを引き出す。

【比較・検討】
購入意欲が高まったユーザーは、他店との比較検討をおこなう

【信頼】
ショップ側の体制(対応・サポートなど)

【実行】
購入。

【評価】
購入完了後の評価(対応・サポートなど)


購入には非常に多くの心理が働いていることがわかります。
衝動買いという行動もあるので、あおるという行為は一つの手法ではありますが、あおるようなサイトは数多くあると思います。
[比較・検討] のために訪問したサイトのなかで [実行] を決定できるサイトが望ましいと言うことだと思います。
[比較・検討] には、冷静な判断があります。
その時に、あおるだけの内容であったら、あなたはどう感じますか?
冷静な客に、ハイテンションの店員。想像してみてください。

商品によっては、あおる方が良い場合もあるでしょう。
ただ、冷静な判断の上、あおっていると納得できる内容が望ましいと思います。
スポンサーサイト

<< アフィリエイトはあおるな? その2 | ホーム | バリューコマースも商品データベース公開 >>


コメント

 あまり、コメントを残す方ではないですが、ちょくちょく読ませて貰っています。納得の記事ですね。「比較・検討」という部分は、アフィリエイターの場合、同じアフィリエイトをしている競争相手が多いので、難しい問題ですね。

ナカノ実験室さん、いらっしゃ~い

ご購読、どうもありがとうございます(^^)

確かに「比較・検討」が一番の難関ですね。
ただ、自分だったら、こういうところにこだわるってところを強調することでオリジナリティも出るのではないかと思います。
訪問者も表現も多彩ですから(^^)

ご訪問ありがとうございました。

アフィリエイト『完全出遅れ組』のブログから来ました。カウンター10,000目前ですね。アフィリエイトは1度挫折して再挑戦中です。とにかく人の話を良く聞いておこうと思います。ガンガンぽちしときました。

tunamikunさん、いらっしゃ~い

あ、ホントだ。1万目前。気付かなかったw
結構長くなりましたから(^^;
アフィリエイト、お互いがんばりましょう(^^)

こんばんわ、ビジーと申します。
いろんな所を巡回してます。
ブログランキングでお互い上位に食い込む為の^^
ささやかな応援ですがこれからもよろしく
お願いします

ポチっと


こんにちは

いつも参考にさせてもらってます。アフィリエイトも紹介商品の販売目的と、具体的な情報は伏せておいてクッキー狙いでクリックさせるのが目的のものに分かれてきたようですね。どちらもアクションを起こさせることにあると思うのですが。

みなさん、ご訪問アリガト!(´▽`)

ビジーさん、お互いがんばりましょう(^^)

ぴよちゃんさん
クッキー狙いはありですね。
ただ、クッキー狙いでも、踏んでみようという欲望を駆り立てているので、心理的にはあってるんだなぁと思います。
楽天などはクッキー狙いが多いですね。影響が大きいから。
ECごとにクッキーの期間は違うのでうまく活用していくのがいいですね。

poooor 様 初めまして。

先日は私のサイトにコメント頂きありがとうございました。
なんかこんな素晴らしいサイトの方からコメント頂けて恐縮しちゃいます。
流し読み程度に(失礼ながら)見させて頂いたのですが、内容が濃すぎて^^;
ちょくちょく拝見させて頂いて、参考にしたいと思います。また遊びに来ますのでかまってやってください。
どもでした。

nariさん、いらっしゃ~い

コメントありがとうございます(^^)
褒めてもらえてすごくうれし~

左のメニューのまとめページも見てくださいな。
初心者からでも、使えるネタがあると思いますよ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。