スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEMを考えよう タイトルと説明文がポイント

2006/09/30 03:04 | カテゴリ:SEM | コメント (0) | トラックバック (0)

SEMの意味
SEM とは「検索エンジンマーケティング」という意味で、検索エンジンを広告として考えた時の手法のことです。

SEM に関しては、「SEM/SEO講座」のページが分かりやすいと思います。

SEM はマーケティング調査の結果です。私にはマーケティング調査はできないので、「SEM/SEO講座」の内容を自分の意見含めて考えてみたいと思います。
4.検索エンジンの使われ方
④ タイトルと説明文がポイント
「SEM/SEO講座」では、消費者調査により、「検索結果から、5サイトを訪問」、「タイトル説明文が消費者に魅力的であることもまた重要な要素」と述べています。

これは、前記事の考察からもわかることです。

以上より、ユーザーの動向が推察できます。

①2ページ程度で検索結果内容を判断。
②検索結果に不満な場合は、検索方法を変える。
③検索内容の判断は、タイトル・説明文で判断する。
④クリックするサイトも、タイトル・説明文で判断する。
⑤満足した検索結果の中で訪問するのは5サイト程度。
⑥検索結果の満足度により、多ページ、多サイトを訪問することがある。

自分の行動と判断しても、この行動は間違いないのではないでしょうか?

こちらの調査でもユーザーの訪問行動を確認することが出来ます。

アイレップSEM総合研究所とクロス・マーケティング、「インターネットユーザの検索行動調査」

こちらのサイトでは、「検索結果の「タイトル」からクリックするサイト、「説明文」からクリックしないサイトを判断する」とし述べています。

ユーザーの訪問を得るためには、SEOによる上位表示はもちろん、タイトル・説明文による誘導必要になります。

Googleでは外部リンクを重要視するため、上位表示は難しいですが、日本で最も利用されるYahoo!では内部情報(タイトルなど)が重視されることは、SEO対策でも述べました。
つまり、ユーザーの消費動向を把握し、ポイントを絞ったサイト・記事を作成すれば、Yahoo!からの訪問を得る可能性が高くなるということです。
大カテゴリキーワードによる上位表示を目指すより、まずは、小カテゴリに絞り、記事タイトル・記事内容をうまく利用し魅力的なものにすることが大事だと思います。

スポンサーサイト

<< SEM MyReport | ホーム | SEMを考えよう 満足できる検索結果は熟読 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。