スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEMを考えよう 満足する結果は何ページ目?

2006/09/27 20:22 | カテゴリ:SEM | コメント (0) | トラックバック (0)

SEMの意味
SEM とは「検索エンジンマーケティング」という意味で、検索エンジンを広告として考えた時の手法のことです。

SEM に関しては、「SEM/SEO講座」のページが分かりやすいと思います。

SEM はマーケティング調査の結果です。私にはマーケティング調査はできないので、「SEM/SEO講座」の内容を自分の意見含めて考えてみたいと思います。
4.検索エンジンの使われ方
② 満足する結果は何ページ目?
「SEM/SEO講座」では、消費者調査により、「消費者は検索結果の2ページ目ぐらいで自分の探しているホームページを見つける」という結論を得ています。

前記事で取り上げたように、ユーザーは検索結果が満足いくまで、キーワードの特定・追加・変更を行います。
検索結果の見極めは、1~2ページ目ぐらいで判断するかと思います。
そのため、上記の「2ページ目」という結果が出たのだと思います。

自分のアクセス解析をみてみると
 1p:77%、2p:12%、3p:5%、4p:1%、5p:2%、6p以上:3%
この解析結果は、特定されたキーワードのものが多いため、1pが最も多い結果となっています。
それでも、2p目の結果が12%有り、その後は非常に少ないため、「SEM/SEO講座」の結論は一般ユーザーの動向として正しいのではないかと思われます。

「SEM/SEO講座」では最後に、  最初の検索結果ページに満足できない場合は検索語を替えたり、検索エンジン自体を変更する人が6割 であり、条件付の結果であると述べています。
現在のYahoo!の利用者数、Googleの認知度を考えると、この行動がどこまで一般ユーザーの行動か判断しかねますが、「最初の検索語で表示された検索結果ページにある程度納得した場合に2ページ目まで読むという結論は納得できます。

スポンサーサイト

<< SEMを考えよう 満足できる検索結果は熟読 | ホーム | SEMを考えよう 検索語は2語の複合語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。