スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策 太字を使い分ける

2006/03/12 20:49 | カテゴリ:アクセスアップ | コメント (4) | トラックバック (0)

太字を記事中に入れたい場合、FC2ブログでは記事メニュータグにstrongタグを用意しています。
でも、SEO対策を考える上で、使い方を考える必要があります。 当ブログのSEO対策 3.タグで最適化で書くように、strongタグに囲まれた文字はSEOのキーワードになります。
キーワード出現頻度は5%ぐらいが望ましいらしく、様々な強調文字の乱用はキーワードの重要性を低下させます。
つまり、strongタグによる太字の使用頻度を考えながら使用しないといけないということになります。
でも、キーワード以外にも太字を使いたい!そんな時の方法です。

太字タグにはstrongタグ以外にbタグスタイルシートが用意されています。
strongタグとその他タグは意味こそ違え、表示方法は同じです。
 strongタグ使用例
 bタグ使用例

bタグには強調効果はありませんので、通常の太字文字として使えます。
 <b>bタグ</b>

記事のちょっとしたテクニックもSEOに影響するということを認識しましょう。
スポンサーサイト

<< SEOとアクセシビリティを考えたテンプレート選び | ホーム | ビッダーズアフィリエイトが手数料無料に! >>


コメント

多用していました・・・・

私も昨日strongタグのことをしりました。
h1~h6までのタグは知っていたのですが、
strongは全く意識しておりませんでした。
これから気をつけます。
このページをみるとなるほどと思いますね。
勉強になりました。

strongタグ

strongタグh1タグの影響が大きすぎて見落としがちですが、大事な要素だと思います。
前に実践したバレンタインページはstorngタグがよく検索に引っかかってました。
細かなことですが、bタグ自体入力しやすいので、気をつけてみると効果があると思います。i-236

今度から使ってみます

 こんばんわ。
自分もstrongタグばかり使っていました。
strongタグもbタグも同じ太字なのでFCブログだと簡単に使える strongタグ だけ使っていました。
見た目は同じだけど効果が全く違うことには初めて気がつきました。
こんどから狙った言葉以外はstrongタグを使って、
それ以外はbタグを使ってみたいと思います!
ありがとうございました。

dsanさんへ

FC2ブログで用意されているのはstrongタグなので使ってしまいますよね。
bタグは使うのも簡単ですし、意味があることならなんでもやっておきたいですよねi-179

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。